フォト
無料ブログはココログ

2018年4月16日 (月)

かめや通信 4月号 ♪

Dsc_1424_1024x576


かめや通信4月号です happy01

今月は、

快眠のために絶対必要sign03 枕の隠れたサイズ 

について特集してみました。

Dsc_1423_1024x576


靴のサイズが、23.5cm 24.0cm 24.5cmと、5mmごとにサイズがあるように

枕にも、30×50cm 35×55cm 43×63cm などのサイズがあります。

≪枕の横幅が大きいほうが、寝返りが打ちやすく疲れが取れやすいです≫

枕はこれ以外にも隠れたサイズがあります。

そのサイズは、快眠枕を手に入れるために絶対必要なサイズなので、

覚えておいてください。

快眠のために絶対必要なサイズとは 『高さ』 です。

快眠枕とは、どんな高さの枕なのか?

高すぎる枕を使ったら、首が突き出て緊張して疲れか取れません。

低いめの枕を使ったら、首はリラックスしやすく、

緊張がほぐれ、疲れが取れやすいです。

快眠できる枕のサイズは、『やや低め・大きな横幅』 です。

おすすめは、「女性で2~3.5cm 男性で2~4.5cmの高さ」 で、

「55cm以上の横幅」 が、当店のオーダー枕のデータからの統計で、

およそ80%の人がこの範囲内です。

※ 身長のわりに足のサイズが大きな人がいるように、

   枕の高さも身長や性別で決まるものではありません。

   ウォーキングシューズが5mm違うと歩きにくいように、

   枕も、5mmの高さが眠りに影響を与えます。

   眠りのお悩みや快眠枕の計測など、お気軽に ご相談ください。

2018年3月21日 (水)

かめや通信 3月号 ♪

3月21日 春分の日ですが、冷たいrain雨が降って風も強く、荒れ模様の

こちら、京都丹波亀岡盆地でございます happy01

関東方面はsnow雪模様だそうです coldsweats01

でも、もうすぐ春はそこまで来ています happy01

この前、配達させていただいた、お得意様宅のcherryblossom桜が満開でしたcherryblossom

Dsc_1397_576x1024

このcherryblossom桜は、cherryさくらんぼが出来る桜だそうですeye

chick鳥に横取りされないように、ブルーのネットが掛けてありました happy01

さて、かめや通信3月号ですヽ(´▽`)/

Dsc_1385_1024x576

今月の特集は 羽毛ふとんの、お手入れをはじめよう ですnote

Dsc_1388_1024x576_2

× 羽毛ふとんは干さなくても良い

 羽毛ふとんは日干しが必要です

ひとむかし前、羽毛ふとんが出はじめた頃は、専門店でも

1枚でも多く売りたいが為に、かなりひどい説明をしていました。

「干さなくてよいとか、一生使えるとか、洗わなくてよい」 などです。

勉強熱心な専門店では、早い段階で誤りである事に気付き、訂正してきましたが、

お客様の中には 『干さなくてもよい、洗わなくてよい』 と言う

誤った知識のままの方も多くいらっしゃいます。

羽毛ふとんの正しいお手入れ方法は

「干して、洗って、仕立替え」

ここで改めて、当時の寝具業界のお手入れ方法の説明が

誤りだった事を、お詫びし訂正させていだだきます。

***家庭で出来るお手入れ方法***

【 日干しする 】

天気の良い日に、片面1時間ずつ干します。

紫外線による生地の劣化を防ぐために、布団カバーを掛けたまま干します。

***ふとん屋さんに相談する お手入れ方法***

one 水洗いクリーニング

   汗の汚れを多く含むので、2年に1度は水洗いするのが長持ちの秘訣です。

   トラブルを防ぐために、コインランドリーよりも、おふとん屋さんにお任せください。

   当店では、市内なら無料で集配にお伺いします。

two 10年使ったら仕立替え

   ふくらみが無くなったら、仕立替え。

   新品同様に、ふっくらとリフォーム出来ます。

2018年1月19日 (金)

かめや通信 1月号 ♪

Dsc_1267_1024x576

かめや通信1月号です happy01

おかげ様で今年で10年目となりましたnote (v^ー゜)ヤッタネ!!

ありがとうございます wink

これからも頑張って作り続けて、お届けし続けますので、よろしくお願い致します sign01

Dsc_1266_1024x576

さて、今月の特集は 暖かく眠るコツ です

冬の朝、寒くて目が覚める事はありませんか?

それは寝ている間に体が冷えて、体温が低下している事が原因です。

質の良い睡眠をとるために、朝まで体温を維持出来るコツを知っておきましょう sign01

one 自然素材 暖かめの靴下をはく

  一番簡単なのが足を温める事ですが、締め付けるタイプは血行が悪くなり逆効果。

  5本指タイプは指の間の蒸れも防ぎ、おすすめです。

  シルクやコットンなどの天然素材のタイプを選びましょう。

  重ね履きも有効です。

two フィットする掛けふとんを選ぶ

  ボリュームのある掛ふとんや合わない枕だと、首や肩に隙間が出来て

  暖かい空気が逃げたり、隙間風が入り込んで寒く感じます。

  フィット性のある掛ふとんや、自分に合った枕で、首と肩を保温する事が大切です。

three 背中を温める

  背中を温めると、一気に暖かく眠れるようになります。

  敷ふとん1枚だけ、床に敷いて寝ておられる方が多いと思いますが、

  1枚だけでは熱が下に逃げやすく、保温効果は期待出来ません。

  敷ふとんの上に、ウールのベッドパットを1枚重ねるだけで、

  冷えから背中を守る事が出来ます。

  フローリングで敷ふとんを敷いてお休みの方は特に、

  おふとんの湿気にご注意ください。

  除湿マットの併用を、おすすめします。

four パジャマは薄い物

  パジャマは薄手のコットンやシルクなど、自然素材の物を選びましょう。

  汗をかいてしまうと逆に、体を冷やしてしまいます。

冬至からの27日間は、最も寒い時期にあたります。

この時期に栄養を充分に取り、体に基礎体力をつけておくと、

元気に春を過ごせると、中医学では言われています。

《滋養強壮のある食材は、もち米・山芋・カボチャ・牛肉・羊肉・鶏肉・ナツメ・など》

食生活も大切ですが、『心地良い睡眠』も 健康には欠かせません。

良い眠りのための、お手伝いが出来るふとん専門店として、今年も頑張ります sign03

2018年1月 6日 (土)

今年も よろしく!

明けまして おめでとうございます happy01 sign03

2018年 平成30年の営業を、本日より開始いたします sign01

今年も どうぞ よろしく お願いいたします note

Dsc_1262_576x1024


          綿花ですup

Dsc_1261_576x1024

2017年12月31日 (日)

ありがとうございました

Dsc_1257_1024x576


まもなく、2017年 平成29年の営業を終了いたします。

今年も お世話になりまして、ありがとうございました。

来たる年が皆様にとって、良い年でありますように。

来年の2018年 平成30年は、1月6日(土)より営業いたします。

どちら様もどうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。

Dsc_1259_1024x576


Dsc_1260_1024x576


迎春用のお花たちです

Dsc_1256_1024x576

この色紙に書いてあるとおり、強い風が吹かないと、

風にそよがない強い草が分からないと言うように、

来年も厳しい年になると思いますが、強い風に負けない強い意志を持って、

お客様の、健康的な睡眠を提供していく、ふとん屋でありたいと思いますsign01

来年もどうぞ、よろしくお願いいたしますsign03

2017年12月17日 (日)

かめや通信 12月号 ♪

Dsc_1258_1024x576


かめや通信 12月号です happy01

今月の特集は snow 厳寒時の快眠方法 snow です sign01

Dsc_1257_1024x576_2

one 布団やベッドを窓から離す sign01

   この時期の窓際って、すごく冷えていて結露しやすく

   布団やベッドも、カビが発生しやすい状態です。

   窓から出来るだけ離すようにしてください。

two 入浴後30分ぐらいで、お布団に入るとベスト sign01

   お風呂に入ってから時間が経つと、体が冷えきってしまいます。

   人は、体が冷えた状態では、寝付きにくくなっています。

three 靴下などで、足先を冷やさないようにしましょう sign01

   入浴後も用事がたくさんある方は、靴下や羽毛靴下、シルク靴下などを履いて

   足先を保温すると、体が冷えにくいので寝付きやすくなります。

布団のお手入れも、快眠には大切です sign03

湿気た布団を使うと、冷えの原因になり、疲れが取れにくいので、

常に乾燥させるように心がけてください。

冬場は干しにくいので、ふとん乾燥機を上手に使いましょう。

one 干す sign01

   天気の良い日に片面1時間ずつ干す。

   表生地を保護するために、カバーを掛けたまま干してください。

two 乾燥機を使う sign01

   寝る直前の乾燥機は湿気の原因になりますから、

   乾燥機は寝る1時間前までに済ませましょう。

Dsc_1256_576x1024


今年1年の感謝を込めてsign01 歳末売出し開催中で~すsign03

12月31日まで張り切って営業いたしま~すsign03

2017年11月29日 (水)

かめや通信 11月号 ♪

Dsc_1236_1024x576

かめや通信11月号ですnote

今月の特集は

寝つきがいいのは健康な証拠?

と言う事で、寝つきの事を書いてみました happy01

Dsc_1235_1024x576

  8分未満で眠る人は疲労がたまりすぎです 

★ ベッドに入ってすぐ眠れないのが正常

「ベッドに入るとバタンキュウー」とか、「布団に入ったと思ったらもう高いびき」

と言う人を健康の代名詞のように言われます。

でも、健康な人は寝床に横になってから、深い眠りに入っていくまでに、

うとうとするといった状態 (浅い眠り) が、

15~20分かかる事が実験の結果わかりました。

★ すぐに眠れるのは、間違いなく睡眠不足 !

正しく言うと、寝床に入ってすぐ眠れるのは、

睡眠不足の状態ですから、健康とは言えません。

睡眠不足は、病気の引き金になります。

8分もしないうちに眠ってしまう人は、体調不良だったり、

病気になっているのに、自覚がなかったりする可能性があります。

夜、なかなか寝付けないと言う人は、無理に眠ろうとせずに、

寝床を出てゆったりと過ごし、眠くなったら再び寝床に入りましょう。

 すぐ眠れないから、自分は睡眠障害と、不安に思う必要はありません。

深い眠りを誘う体操

ストレッチやウォーキングなど、軽い運動は穏やかに全身の血行を促し、

スムーズに深部体温を下げるので、深い眠りが得やすくなります。

下記は、お布団の中で出来るストレッチです。

是非、お試しください。

one 仰向けに寝て、「大の字」になり、顔面と手足にギュッと力を入れて5秒キープ。

   手と足の指でグーを作るように力を入れるのがコツ。

two 次に、息を吐きながら全身の力を一気に抜きます。

   手足の指はパーにして、onetwoを 2~3回繰り返します。

three 腹式呼吸をします。

   鼻から吸って、お腹を膨らませ、ゆっくり吐きながら、お腹をへこませます。

   2~3回繰り返します。

four 手足を軽く浮かせ、手首と足首を20~30秒ほど、ブラブラさせます。

今年も、カレンダー今月を入れて2枚となり、

来月は年末行事で、お忙しくされる方も多いと思います。

どうぞ、しっかりと寝て、忙しい時期も

パワフルにお過ごしください sign03

2017年6月25日 (日)

かめや通信 6月号 ♪

Dsc_1000_1024x576


かめや通信6月号です happy01

Dsc_0999_1024x576


今月は、寝冷えしやすい6月です と言う事を書いてみました。

暑く感じる日もあれば、ヒンヤリ感じる日もあって、

夜は不安定な気温に悩まされます。

こんな時こそ、おふとんの選び方が問われます。

one 朝起きた時、ちゃんとおふとんをかぶっていますか?

  ご自身はもちろん、ご家族の皆さん、特にお子様の

  おふとんは、ちゃんと掛かっていましたか? 

  おふとんを掛けていないと言う事は、その人が無意識に

  (蒸し)暑いと感じていたと言う事です。

  おふとんを掛けずに寝続けると、体の表面が冷やされ

  血圧が上昇し、寝て疲れる状態になります。

  掛けふとんを薄手の物に交換して、家族の健康をサポートしましょう。

two おふとんの素材は?

  薄手のおふとんであっても、汗をしっかり吸収し発散する素材でないと、

  蒸れて無意識のうちに、おふとんをはがしてしまいます。

  ポリエステル綿のおふとんは、吸湿性に欠けるので

  汗ばみやすく避けた方が良いです。

three 一番のおすすめは 「シルク(真綿)ふとん」 です!

  肌寒い夜でも、汗ばむ夜でも、気持ち良く使える

  不思議なおふとんです。

  とても薄く、収納もコンパクトです。

  お手入れが難しいイメージがありますが、

  実は簡単で手がかかりません。

  週に一度、15~30分程度干すだけでOKです。

  ご家庭で簡単に、お洗濯出来る物もあります。

  シルクはホコリ敏感な方や、ぜんそくの方には、

  一年を通して、最も適した掛けふとんと言えます。

  お医者さんに行くと、「ポリエステルの布団を使いなさい」

  と言われることが多いのですが、寝具の素材に詳しいお医者さんなら、

  必ずと言って良いほど、シルク(真綿)を勧められるようです。

  シルクは繊維が長く強いので、綿ボコリになりにくく、

  仮に、シルクの綿ボコリが体内に入っても、天然の蛋白質であるので、

  溶けて分解され無害である事が、大きな理由です。

Dsc_1001_1024x576


夏のバーゲン お得クーポン券の

有効期限 間近です(6月30日まで) sign01

          お急ぎくださ~い sign03

2017年4月17日 (月)

かめや通信 4月号 ♪

Dsc_0858_1024x576


かめや通信4月号です happy01

今回は、おふとんのお手入れについて書きました note

Dsc_0856_1024x576_2


お手入れすると5倍気持ち良くなります sign01

せっかくのおふとん、何もしないと、どんどん劣化していきます。

ちょっとしたお手入れで、使用感がまったく違ってきます。

one まず、日干しをしましょう sign01

  羽毛ふとんは   週に1回 30分~60分くらい日干し

  綿ふとんは     週に2回 60分~90分くらい日干し

  シルクふとんは  週に1回 60分くらい陰干し(日干しは30分以内)

  その他は      週に1回 60分~90分くらい日干し

two カバーの洗濯は忘れずに sign01

  カバーが汚れていると、おふとんの良さが台無しになります。

  カバーを洗うことで、通気性・吸水性が回復します。

  枕カバーは2日に1回洗いましょう。

  掛カバー、敷カバー、シーツ、パットは週に1~2回洗いましょう。

three そして、ふとん丸ごと水洗い sign01

  水洗いの効果は歴然です!

  2年に1度は水洗いをおすすめします。

  寝心地も良くなり、おふとんも長持ちしてくれます。

  また、カビが発生したおふとんも、水洗いできれいにしましょう。

four 究極のお手入れは、打直し(リフォーム)です sign01

  汚れて古くなったおふとんは、衛生的にも身体に良くありません。

  暖かさも感じにくくなってしまいます。

  もう1度快適に使えるように

  綿ふとんは、掛ふとんで5年、敷ふとんで3年、

  羽毛ふとんなら、10年を目安に打直し(リフォーム)してください!

そして、15年以上使ったおふとんは買い替えを sign03

カビの発生で困っている方も、この時期多くいらっしゃいます。

どうぞ、お気軽にご相談ください sign01

2017年3月20日 (月)

かめや通信 3月号 ♪

Dsc_0813_1024x576


かめや通信3月号です happy01

Dsc_0814_1024x576


今月の特集は 『寝返り』 は快眠には必要sign01 です

健康な人の寝返りは、1日に20~30回とされています。

【寝返りの役割】

● 同じ部位の血行が滞るのを防ぐ

  体重がかかっている部位は血管が圧縮され、血液が滞りやすくなります。

  血液には酸素や栄養を細胞のすみずみに送り、二酸化炭素や老廃物を

  回収する役割があるため、血流が滞ると体調に悪影響を及ぼします。

● 重力を分散し、体にかかる負荷を軽減させる

   寝返りを打つと、肩や腰にかかりがちな重力を分散することで、

   睡眠中に腰痛や肩こり、寝違いが起こることを防ぐことができます。

   全身の重力を分散しながら、日中に歪んだ骨格を元に戻すこともできます。

● 不快な湿気を発散し、快適に眠れるようにする

   熱や湿気がこもり過ぎると、不快なために睡眠が浅くなりがちです。

   寝返りを打つことで熱や湿気を逃がし、朝まで気持ち良く眠る事ができるのです。

● 睡眠リズムを切り替え、質の良い眠りを作る

   睡眠中は、レム睡眠とノンレム睡眠という

   2種類の睡眠を交互に繰り返す事で、脳と体の疲れをいやしています。

   その2種類の睡眠の切り替わる時に寝返りが多い事から、

   寝返りが正しい睡眠リズムを作るきっかけになっています。

寝返りが出来ない事で、どのような影響があるのでしょうか?

分かりやすい例として、移動中の車やソファーで寝た時を想像してみてください。

寝返りを打たずに同じ姿勢を長時間続けるため、首、肩、腰などの筋肉が疲れ、

起きた時には体のどこかが痛くなっていたり、全身がだるくなってしまいます。

歪んだ姿勢のまま眠り続けると背骨が歪み、

自律神経が圧迫されて、自律神経失調症が起りやすくなったりします。

スムーズに寝返りを打つためにはsign01

● 自分に合った硬さの敷ふとんを使う

敷ふとんの硬さが自分に合っているか?チェックsign01

 手ぬぐいを1枚用意してください。

 手ぬぐいを三つ折りにして、敷ふとんと腰の間にはさんで仰向けに寝ます。

 この状態のまま、手ぬぐいを引っ張ってみてください。

 硬さがちょうど良い時は、力を入れると手ぬぐいが抜ける状態です。

 腰とふとんの間にすき間があり、手ぬぐいが簡単に抜ける場合は硬すぎです。

 抜けない時は、マットが柔らかすぎて体が沈んでいる状態です。

● 気持ち良く眠れる睡眠環境を作る

・温度・・・ ふとんの中は33℃ 

・湿度・・・ 日干しやふとん乾燥機で、 

       こまめに湿気を取り、ふとんをサラッとした状態に保つ 

・空気・・・ 寝る前に換気をして、空気を清浄にする 

・照明・・・ 暖色系の柔らかい光が、おすすめです 

・音・・・  外からの騒音を聞こえにくくする

・寝具・・・ 広めに! 二人用なら、ダブるより大きい物がおすすめです

就寝前は、ブルーライトなど強い光を避け、静かな環境でリラックスして過ごしましょう。

«かめや通信 2017年 1月号 ♪